2006年05月14日

あなたへ

切なくなるほど、愛していた。


あの日々は戻ってはこないけれど。

後悔はしてないよ・・・?



あなたに出会えたこと、感謝してる。

一緒に笑ったあの瞬間は今のわたしを支える力。


辛くて、泣きそうになった日も。
悔しくて、やっぱり泣きそうになった日も。

それでさえもわたしの力になる。


今のあなたとの関係に満足をしてるわけではないけれど。

欲を言うと、まだまだお話をしたいけれど。

いつかきちんと連絡が取れるって、
信じてる。


用事がなければなかなかしゃべれなかったよね。

でも、
“おめでとう”と言ってくれた優しさは忘れてないよ。


わたしはわがままで、自分勝手で。
嫌な部分しかみせられなかったけど。

でも、あなたは笑ってくれていたから。

・・・退屈は、しなかったでしょう?



わたしが会いに行かない限り、
あなたにはもう会えない。

そんな気がするの。


あなたの友人とは連絡を取ってるくせにね。

大好きだったあなたにはメールさえも送れない・・・。



でも、だからってくじけるわけではないよ。

わたしが強いの、知ってるでしょう?


絶対に、遊びに行くよ。

だから、その時は笑っていてね。


どうしてここにいるのって聞かれたら、こう答えるから。


“あなたに会いに来たのよ”



これが合い言葉ね。
posted by 春花 at 22:30| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。