2006年07月11日

幸せとは・・・?

高校生の頃、
わたしは幸せすぎて幸せが見えなかった。

目の前の幸福に向かって不幸だと話しかけていた。


少しだけ幸せから遠ざかった今。
あの頃の甘えていた自分を恥ずかしいと思った。


目が眩むほど楽しかった日々は戻ってはこない。

自分で作り出さなければいけない。



あの頃は意識をしなくても、
疲れるほど笑う日々は作られていた。


大好きだという
暗黙の了解が通じていた。


わたしの幸せは、守られていた。



思い出は必ず美化するし、
辛さがあったとしても楽しさの前ではなんの意味もなさない。



やっぱり、すべてが幸福だったとは言わないけれど。


それでも最後の瞬間は幸せだったのだから、
わたしは幸せだったんだ。



幸せとは、こういうものだろうか。
posted by 春花 at 23:23| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。