2006年10月07日

少女

少女を卒業した彼女は、恋をしないと決めた。

自分を見失ってしまうのが恐くて。
傷つくことを恐れて。


少女時代の恋を、封印した。

何かから自分を守るように髪の毛を伸ばした。

すべてのことを振り切るために、ひたすら働いた。


働いて彼女が得たのは、お金と、人間関係。

お金はすぐになくなった。

でも、人間関係はなくならなかった。

ただ、深入りしすぎた。
仲良くなりすぎた。

恋を、した。


長く伸ばした髪の毛も、彼女を守ってはくれなかった。

振り切るための行動も、無意味だった。


彼女は、切なさを手に入れてしまった。

恋をしたことを、認めたくなかった。

でも、切なすぎた。
認めざるを得なかった。

彼女は気付いていた。
彼とは一緒にいれないことに。

彼は2ヶ月後、この地を離れる。


やっぱり恋は、切なかった。


posted by 春花 at 00:30| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

あなたへ

切なくなるほど、愛していた。


あの日々は戻ってはこないけれど。

後悔はしてないよ・・・?



あなたに出会えたこと、感謝してる。

一緒に笑ったあの瞬間は今のわたしを支える力。


辛くて、泣きそうになった日も。
悔しくて、やっぱり泣きそうになった日も。

それでさえもわたしの力になる。


今のあなたとの関係に満足をしてるわけではないけれど。

欲を言うと、まだまだお話をしたいけれど。

いつかきちんと連絡が取れるって、
信じてる。


用事がなければなかなかしゃべれなかったよね。

でも、
“おめでとう”と言ってくれた優しさは忘れてないよ。


わたしはわがままで、自分勝手で。
嫌な部分しかみせられなかったけど。

でも、あなたは笑ってくれていたから。

・・・退屈は、しなかったでしょう?



わたしが会いに行かない限り、
あなたにはもう会えない。

そんな気がするの。


あなたの友人とは連絡を取ってるくせにね。

大好きだったあなたにはメールさえも送れない・・・。



でも、だからってくじけるわけではないよ。

わたしが強いの、知ってるでしょう?


絶対に、遊びに行くよ。

だから、その時は笑っていてね。


どうしてここにいるのって聞かれたら、こう答えるから。


“あなたに会いに来たのよ”



これが合い言葉ね。
posted by 春花 at 22:30| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

落書き

学校であまったプリント。

その裏に落書きをして。


有名な言葉だったり、
気持ちを表す言葉だったり。

人生を諭すような名言だったり、
愛する人にむけた愛の詩だったり。


たくさん、たくさん、書き並べた。


今はもう、してないけれど。

あの頃は楽しかった。


今とは違う、純粋な楽しさだった。


少しだけ、その気持ちを思いだして。


ただただ、嬉しかった。

大好きだと思った。



それと同時に、自分自身の汚さを知った。


ねぇ、ごめんね。

でも、本当に嬉しかったんだ。



たぶん、最近で1番のうれしさ。


大好きだなって思った。




posted by 春花 at 00:01| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

気持ち

あなたがどんな気持ちなのか、
わかるようなわからないような。

悲しくて、何もやる気が起きないって言うのは、わかるよ。


わたしだって、
そういう気持ちになったことがあるから。


でも、あなたがどういう意味であの言葉を選んだのか。

わからない。


・・・どうしてかな。


でもたぶん、深い意味はないんだろうね。

それでもわたしは嬉しかったな。



今度、会おうね。

会ってね。



たくさん、お話ししようね。



・・・会いたいな。
posted by 春花 at 23:46| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

楽しみ

大好きだと思えば思うほど苦しくなる、
この気持ちをなんというの。

いつもあなたのことを考えてしまって
どうしてかな、切なくなっちゃう。


いつも一緒だったらそんなこと思わないのかな。

でも、
いつも一緒にいられるわけじゃないよね、
わたしたちは。


たまに会うときは、
ドキドキして。

前の日は寝れなかったり・・・。


このドキドキ感って、わたしはすごく好き。

期待でいっぱいで。


あなたの笑った顔が見られるのかなって考えると
嬉しくて、顔がほてっちゃう///



あなたに会えないのはやっぱり寂しいんだけど、
でも、だからこそ会える日が楽しみなんだ。


手帳に書いてある、あなたとの約束の日。


毎日眺めて待ってるの。



大好きで、ちょっと苦しくて切なくて・・・。




もう少しで会えるね!



posted by 春花 at 23:31| ロンドン ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

恋じゃないけど・・・

あなたは優しかった。


わたしの友人はあなたのことを怖いといっていたけれど。
そんな事ないよ。


あなたはいつだって笑っていたし、
わたしが冗談を言えば反応してくれたし、
あなただって冗談を言っていた。


全然こわくなんてなかったよ。


ただ、ステキすぎただけ。

話し掛けるのにはちょっと勇気が必要だった。

それだけ。


たくさんの人があなたに夢中だったの。
知ってた?


だから、わたしは嬉しかったな。
あなたとお話ができた事。

こんなチャンスは二度とないと思ったの。
誰でもない、わたしに神様はチャンスをくれたのよ。


いつもあなたに会えますようにと願っていたの。

ちょっとでもいいからお話しができますようにって。



最後は、ちょっと勇気が足りなくて。
あなたに話し掛けられなかった。

それだけが心残り。


最後だと思えば思うほど、意地を張ってしまったわたし。

また、同じことを繰り返してしまったみたい。


言いたい事がいえなくて。
いつのまにか終わっていた、あの恋。


今回は、恋ではなかったけれど。
ただの友達だったけど。


それでも、こんなにも切ないよ。


神様がくれたチャンスを最後に無駄にしてしまって。
でも、チャンスはこれっきりじゃないよ。

わたしはそう思っているから。


だから、そのときはよろしくね。

また、お話ししてね。


・・・忘れないでね?








posted by 春花 at 23:20| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

席替え

1ヶ月に1回の席替えはとても大切な行事で。

その日の星占いだけは
ガラにもなく見たりした。


くじ引きに細工をして君と近くの席になる方法だってあったけど。

どうせなら、神様に認められたかった。


だから、君が僕の前の席だって分かったとき、
本当に嬉しかったんだ。

神様、ありがとう!!



君がよろしくねって、後ろを振り返ったとき。
僕はにやけてなかったかな?
それが心配・・・。


1ヶ月って長いようで短くて。
あっという間だった。


授業中にその長い髪の毛を引っ張って遊んでいたし、
三つ編みにもした事があった。


そのたびに君は困ったように笑ってたけど。

でも、やめろなんていわなかったよね。

・・・ねえ、なんで?


僕が勉強の質問をしたときは必ず答えてくれたし、
一緒に補習も受けてくれた。


自分の勉強にもなるからって言ってたけど。

でも、楽しそうだったよね?

・・・ねえ、なんで?


ちょっとだけ、自惚れちゃうよ。


また今日は席替えだけど。
僕の今日の星占いは1位だったんだ。

いいことがありそうだよ・・・。


君が誰と近くなりたいって思っているのか
わからないけど。


でもちょっとだけ、自惚れてもいい・・・?


せめてこのくじを引き終わるまでの間だけは、
自惚れさせて・・・。



posted by 春花 at 18:35| ロンドン ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おとといの夢

夢をみたんだよ。
久しぶりに。

まさか、あなたがでてくるなんて思わなかったけれど。


夢の中でわたしは幸せだったよ。

たぶん、あなたの一番だった。


現実ではありえない事なのにね・・・?


目がさめて、気づいたんだよ。

絶対に現実では起こらないことだなって。


ちょっと
悲しくなったんだけど。
切なくなったんだけど。


でも、夢をみていたあの瞬間は幸せだったから。

それが唯一の救いかなって。



夢の中ではわたしもあなたも笑っていて。

そんな日がずっと続けばよかったのに・・・。


posted by 春花 at 17:52| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。